2012年05月20日

パチプロ生活の中でパチンコで勝てる研究をしてきました

パチプロ生活の中でパチンコで勝てる研究をしてきました
実際に私でもホールで初当たりを取りにいくときには、
かかせないパチンコの攻略法則です。





『本当の意味で稼ぐ力を身につけるための教科書』として、

 パチンコ革命2009
 ホルコン攻略理論シリーズ、波テクニカル攻略理論

 というマニュアルを発行しております。

今ごらん頂いているページは「パチンコ革命シリーズ」の第3弾ということになり 

 既刊の第一弾「シマ解析論 基礎編」は、
 既にネット上で多数の方に評価を頂いております。


私は長年のパチプロ生活の中でパチンコで勝てる研究をしてきました。

特にホールシステム解析については、国内最強であるというお声を多数頂いており、

わたしのメルマガやブログでは、
他社が数万円〜30万円で販売されている情報を惜しむことなく無料で暴露しています。


またホルコン攻略についても我々ほど研究されているものは未だに存在しておりません。(今後、他社さまにも期待しておりますが)

現在、販売されているホルコン攻略系の情報商材は99%研究内容があさく、

日々真剣に研究している我々プロからみたら残念ながらその攻略効果はありません。

実際に私でもホールで初当たりを取りにいくときには、
かかせないパチンコの攻略法則です。


2方向がクロスするところに当り台の存在がある。

一年以上もの検証の結果、ほぼ全国のホールにおいて
確認できたので今回は第二の当り移動法則を紹介します。


パチンコのシマは複数のグループが混在し連動し合ってます。


つまり当りの移動法則は、シマに複数存在しており、
その一つが「当り移動順番の法則」でした。

この移動法則の活用だけでも当りの的中率が上がるのですが、
やはり順番を飛ばされる台があります。


ではなぜグループ内で当り順番を飛ばされるかと言うと、
その要因のひとつは当るのを邪魔されているからです。

邪魔をしている要因のひとつが連動グループの存在。


実はこの連動グループは横並びグループと連動しています。
この連動グループにも当りの移動法則が作用しているのです。
パチンコ革命・シマ連動論

パチプロ生活の中でパチンコで勝てる研究をしてきました
実際に私でもホールで初当たりを取りにいくときには、
かかせないパチンコの攻略法則です。

パチンコ革命 当たり移動順番論
パチンコno必勝法
パチスロ『ハイエナマスターツール』
posted by パチンコ革命 at 08:29 | パチンコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。